ライザップ プロテインボトルはダイエットに不向きです

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

キリン ライザップ プロテインボトルが発売されるようです。

運動習慣の無い30~40代の男性がターゲットとのことですが、その成分がダイエットに向いているか検証します。

結論としてはダイエットに不向きです。

理由はたんぱく質が少なく、低糖質でもないからです。

たんぱく質は少なく、低糖質でもない

ペットボトル一本分500mlでプロテイン5000mgとありますが1000mgで1gなのでたんぱく質は5gとかなり控えめ。

牛乳500mlのたんぱく質は17g程度なので牛乳も3分の1程度しか入っていません。

低糖質と書かれていますが500mlあたり9.5gとそこまで低糖質でもありませんしたんぱく質の約2倍も含まれているのでダイエットには不向きです。

これならペットボトルの緑茶を買ったほうがダイエットには良いです。

市場に流通させ、企業として利益を得るためにはこの程度の成分が限界なのが現状でしょうが、プロテインドリンクなら20gは欲しいところ。

ウェイトトレーニングと食事でダイエットするパーソナルトレーニングというのを世間に広めたマーケティング力は凄いですが、もう少し成分を頑張って欲しい所です。

値段をもう少しあげてでも20gぐらいたんぱく質を入れれば良い商品になると思うので期待します。

まとめ

たんぱく質も多くないですし、糖質も少なくないのでダイエット目的で買うのはおすすめしません。

コンビニや自動販売機ならお茶やブラックコーヒーを買った方が良いです。

ダイエットではなく筋肉を付ける目的であってもたんぱく質5gしか入っていないのでおすすめは出来ません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)