広背筋を鍛えるワンハンド(ダンベル)ローイングについて解説

スタートポジションについて

片手にダンベルを持ち、もう片方の手をベンチ等に手をついて姿勢を保持します。

このとき手と膝と足で直角三角形をつくると安定しやすいです。

真上から見た図

両足を地面につける方法と片膝をベンチにのせる方法があります。

これはどちらでも自分の力の入れやすい方法でOKですが上体をより倒し床と平行程度まで倒すならベンチに片膝を付けたほうが楽に姿勢を保持しやすいです。

続きを読む

背中を鍛えるベントーオーバーロウのやり方[動画解説付き]

今回は背中の種目であるベントオーバーロウについて解説します。

この種目は主に背中を鍛えるのに効果的なのですがフォームが難しく腰に負担がかかるので敬遠する人も多いです。

しっかりと背中に負荷を乗せ腰に負担がかからないフォームについて解説していきます。

スタート姿勢の作り方

まず脚幅ですが、これは自分が垂直跳びをするときに跳びやすい幅にします。

続きを読む

ライザップ プロテインボトルはダイエットに不向きです

キリン ライザップ プロテインボトルが発売されるようです。

運動習慣の無い30~40代の男性がターゲットとのことですが、その成分がダイエットに向いているか検証します。

結論としてはダイエットに不向きです。

理由はたんぱく質が少なく、低糖質でもないからです。

たんぱく質は少なく、低糖質でもない

ペットボトル一本分500mlでプロテイン5000mgとありますが1000mgで1gなのでたんぱく質は5gとかなり控えめ。

続きを読む

クレアチンの効果と選び方と摂取タイミングや飲み方について

様々な効果(筋肥大筋力アップ)が期待できるクレアチン。

クレアチンについて選び方や摂取のタイミング、ローディングはいるのかいらないのか?モノハイドレートは吸収が悪いのか?等について今回はまとめます。

そもそもクレアチンとは?

クレアチンはアミノ酸から体内で合成されている物質でリン酸塩と化合してエネルギー源となります。

ATP(アデノシン三リン酸)というものが筋肉のエネルギー源でクレアチンを摂取するとATP合成が効率的になり様々な効果を発揮してくれます。

続きを読む

体脂肪を付けずに筋肉を増やす食事とマクロ栄養素について

リーンバルク(体脂肪を付けずに筋肉を増やす)の食事はトレーニング暦と除脂肪体重等を考慮してカロリーとマクロ栄養素を計算して決めていきます。

全く体脂肪を付けずに筋肉を付けるのは効率が悪いのである程度の体脂肪がつくのは許容しつつ腹筋が隠れない程度で増量します。

まずはベースカロリーを計算

まず最初に自分の体重が増えも減りもしない体重を維持するカロリー(ベースカロリー)を計算します。

続きを読む

鳥胸肉を美味しくたくさん食べられる鳥そぼろの作り方

鳥胸肉は安価で高タンパク低脂肪なのでトレーニングしてる方やダイエットされてる方はよく食べると思います

ただ胸肉はパサパサで美味しくないし、たくさん食べられないという声が多いですよね。

そこで今回は胸肉を美味しくたくさん食べられる方法を紹介します。

続きを読む

適切なダイエット・減量でどのくらい筋肉が落ちるのか?

減量中はなるべく筋肉を落とさないようにしたいものですが実際どのくらい筋肉は落ちるのでしょうか?

21歳のナチュラルボディビルダー(ステロイド無し)に14週間に適切な栄養管理とトレーニングプログラムを組んでダイエットしたにもかかわらず11.7kg減ったうちの6.07kgの体脂肪が減ったが5.0kgが除脂肪体重だった。*1

続きを読む